Implant

静脈内鎮静法

【静脈内鎮静法】うたた寝している間に治療が終わる?

静脈内鎮静法は、歯科恐怖症の方や、インプラント手術など長時間治療に最適な方法です。患者さんを、あたかもうたた寝しているような状況にすることで、気がついたら治療が終わっていた・・・、という感じで治療を終えることが可能です。

ドリーム歯科クリニックでは、実績・経験ともに豊富な九州大学の麻酔専門医との提携により、静脈内鎮静法を提供する事が可能となりました。

実際に静脈内鎮静法で治療を受けられた患者さんの話しでは、苦痛や恐怖心を感じずに治療が終わった、という方がほとんどです。

【静脈内鎮静法はこんな方にお奨めです!】

●歯科治療が”怖い”・”嫌い”な方や、歯科治療中に具合の悪くなる方(歯科恐怖症)
●インプラント手術などの口腔外科手術
●口の中に物が入ると「ウエッ」となる方(嘔吐反射)

【静脈内鎮静法】点滴を始めると、うたた寝したような状態になります

静脈内鎮静法は、精神安定剤を静脈に点滴していく方法です。

点滴を始めると、うたた寝したような状態になります。体が温かくなり、いい湯加減の温泉に浸かっているような、あるいは、快適なベッドの中でまどろんでいるような感じになります。

その後、1~2分もすると眠気が強くなり、ついには眠ってしまいます。患者さんによっては、あるいは状況によっては、意識を残すこともあります。

治療中の痛みや不快な音などは、気にならなくなり、文字通り「いつの間にか治療が終わってしまった」といった結果になります。術中のことを全く憶えていない患者さんも多くおられます。

ただ、患者さんの意識を残した場合では、われわれスタッフが声を掛ければ反応します。うたた寝したような状態にはなりますが、答える等反応することができるのです。

【静脈内鎮静法】治療の流れについて

【1】静脈から点滴をします

はじめに、静脈から点滴をします。主に腕からですが、手の甲など他の部分からする場合もあります。

点滴をする際の静脈注射時の痛みを完全になくすことはできませんが、使用する注射針がとても細いため、「注射が怖い」という患者さんでさえ、刺された瞬間が分からないケースがほとんどです。

【2】点滴がスムーズに入っていることが確認できたら、精神安定剤を注入します

点滴がスムーズに入っていることが確認できたら、いよいよ精神安定剤を注入していきます。患者さんの状況を見ながら慎重に進めていきます。

このとき、患者さんの「治療への恐怖の度合い」により、完全に眠った状態にするか、軽く受け答えのできる状態のいずれかにします。

【3】その後、必要に応じて局所麻酔を行います

患者さんが痛みなどを感じなくなったことを確認した後、必要に応じて局所麻酔を行います。静脈内鎮静法では麻酔効果は得られないためです。

治療がスタートした後も、患者さんの心拍や血圧などのデータをリアルタイムでチェック、万一の場合に備えます。たとえ患者さんの状態が急変した場合でも、万全な対応が可能なよう、配慮しておりますので、ご安心ください。

【静脈内鎮静法】その他、注意点など

静脈内鎮静法では、術後に眠気やふらつきなどが生じます

そのため通常の状態に戻るまでは、術後はドリーム歯科クリニックでゆっくり、そして充分に休んでいただいております。

いくつかの注意事項もあります

「車や自転車の運転を控えてください」「患者さんの様子を正確に把握するために、口紅やマニキュアはしないようお願いしています」「当日は帰宅後も安静にしてください」など、いくつかの注意事項があります。翌日からは普段通りの生活で問題ありません。

静脈内鎮静法はカウンセリング前提の治療法です

静脈内鎮静法は使用する薬剤の選定等、入念かつ慎重な準備が必要な治療法です。患者様の既往症や服用されているお薬等があれば、それらを正確に把握し、準備していきます。

静脈内鎮静法は自費診療です

静脈内鎮静法は自費診療(¥50,000 税別)です。親知らずの抜歯など通常の治療と静脈内鎮静法を併用することは可能ですが、その場合、通常の治療も自費診療となります(保険診療と自費診療の組合わせは法令で禁じられています)。ご了承ください。

まずはお気軽にご相談ください。各種保険対応
「痛い思いをしないで治療したい」
「銀歯を白い歯に治したい」
「安全なインプラント治療を受けたい」
など、お口の悩みはありませんか?
診療時間 日・祝
午前 10:00~13:00
午後14:00~19:30 17:00
まで
※祝日のある週の木曜日は診療いたします