歯周病治療

むし歯の治療も大切ですが、歯をなくさないためには歯周病の治療も重要です。

歯周病とは?

歯周病は、歯をささえる骨や歯肉の病気です。

たとえば、家も土台が悪いとグラグラして、いつか倒れてしまいます。このメカニズムは歯周病も同じことがいえます。歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだんなくなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気なのです。

歯を失う大きな原因となっている病気です

歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。

歯周病の進行具合と治療方法について

軽度歯周病

歯と歯肉の間に歯垢や歯石がたまり、細菌の繁殖によって歯肉に炎症が起こった状態が「軽度歯周病」です。歯肉の腫れや出血などを伴いますが、この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、1~2回の歯のクリーニングを行うことで回復します。

中等度歯周病

口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立ち、専門家が見れば歯肉にも炎症を起こしている状態が「中等度歯周病」です。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなり、歯も動揺してきます。この段階では、歯の表面に沿って歯肉溝の奥まで付着した歯石を取っていきます。

数回にわたって除石を行い、歯肉の状態が改善された後に検査を行います。歯肉溝(ポケット)の深さが4ミリ以上あるところは、通常の手用器具を用いた非外科的な処置は見込めないため、歯周外科の適応となります。

重度歯周病

さらに進行し、歯肉は化膿して真っ赤に腫れた状態が「重度歯周病」です。骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば、歯周外科にて対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

当院の歯周病治療の流れ

STEP1

顕微鏡検査

顕微鏡によりお口の細菌検査をします。歯周病菌が目立つ方は、菌の除菌をします。

STEP2

歯石取り(1週間後)

この時点で細菌が激減し、歯ぐきからの出血・口臭など不快事項はかなり改善します。除菌が進んでから、歯石取り(縁上歯石)を行います。2回。

STEP3

歯ぐきの検査(1週間後)

歯ぐきの検査をします。さらに歯ぐきの奥の歯石(縁下歯石)を取っていきます。3~6回。

STEP4

歯ぐきの検査(2週間後)

歯ぐきの検査をします。この段階でほとんどの方の歯周病は病状が安定しています。

STEP5

メインテナンス

病状安定後は定期的なメインテナンスが重要です。オーロラクラブへの入会をオススメします。

まずはお気軽にご相談ください。各種保険対応
「痛い思いをしないで治療したい」
「銀歯を白い歯に治したい」
「安全なインプラント治療を受けたい」
など、お口の悩みはありませんか?
診療時間 日・祝
午前 10:00~13:00
午後14:00~19:30 17:00
まで
※祝日のある週の木曜日は診療いたします